子供の身長を伸ばすためにできるとは?!

子供の身長は遺伝によっても左右されますが、生活次第で伸ばすことも可能だと言われています。

 

特に子供の身長が大きく伸びる乳幼児期と、小学校高学年から中学生にかけての思春期と呼ばれる期間は、子供の身長を伸ばす絶好の時期◎

 

そのタイミングで身長が伸びやすい環境を作ってあげることが非常に重要です。

 

子供の身長を伸ばすために率先して行いたいこと。
今回はその点をまとめていきましょう◎

 

【“寝る子は育つ”は科学的に証明されている!】
子供の身長と深い関わりがある“成長ホルモン”。
成長ホルモンは、子供の身長を伸ばすカギとなるホルモンであり、このホルモンの分泌量を増やすことで、より子供の身長を伸ばすことができると言われています。

 

そして、この成長ホルモンが大量に分泌されるのが「睡眠時」なのです。
ですが、これはとにかく寝れば良いというものではなく、質の良い睡眠をとることが大切◎

 

眠りが浅いと成長ホルモンが分泌されにくくなってしまうため、寝る間のゲームやスマホの操作などは避けたほうが良いでしょう。

 

【バランスの良い栄養摂取を】
身長が伸びる食品といえば「牛乳」が有名ですが、牛乳を飲んでいれば身長が伸びるというものではありません。

 

身長を伸ばすためには、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維の6大栄養素をバランスよく摂ることが大切です。

 

特にカルシウムや亜鉛、マグネシウムは身長を伸ばすために積極的に摂っておきたい栄養素◎

 

小学生〜中学生の思春期にあたる時期には、これらのミネラルと骨や筋肉を作るタンパク質を意識して摂ることをオススメします。

 

最近の小中学生は、お稽古ごとやゲームなどに時間が多く使われ、睡眠時間が短い傾向にあります。

 

バランスの良い食事と質の良い睡眠をとり、健やかな体作りを目指しましょう!

 

 

必要な栄養素は「セノビック」で補うのがオススメです♪

 

 

 

関連ページ

子供の身長は遺伝だけで決まるワケではない?!【知っておきたい事】
子供の身長が伸び悩む原因をまとめています。