近年の研究によって、子供の身長は遺伝が80%、睡眠不足や運動不足、栄養不足など後天的な要因が20%を占めることが分かっています。

 

この結果を見ると「両親の身長が低いからといって、必ずしも子供の身長も低い」わけではないことが分かりますよね(*^_^*)

 

ですが子供の身長を伸ばしてあげるためには、身長が伸びやすい環境を作ることが大切です◎

 

今回は、知っておきたい“子供の身長が伸びない原因”についてまとめていきたいと思います。

 

【食生活の乱れ】
子供の身長を大きく左右する“食事”。
身長を伸ばすためには、炭水化物やタンパク質をはじめとする6大栄養素をまんべんなく摂取することが大切です。

 

また最近では朝食を摂らない子供が増えているようですが、これでは1日の必要栄養素を摂ることが難しくなってしまいます。

 

身長に関わらず、子供の成長には多くの栄養が必要です。
メニューにも気を配り、朝食は必ず摂るようにしましょう。

 

【睡眠不足が成長を止める!】
子供の身長を伸ばすためには、“成長ホルモン”をより多く分泌させることが重要です。

 

成長ホルモンは寝ている間に多く分泌されるため、睡眠時間が短い場合発育を阻害してしまうのです。

 

身長が低いことに悩んでいる方は、まず質の良い睡眠をとることを意識しましょう◎

 

また、運動不足も身長が伸び悩む原因のひとつです。
適度な運動は骨に刺激を与え、骨の成長につながるので体を動かす習慣をつけるようと良いでしょう。

 

身長が伸びない原因は、遺伝だけでありません。
生活習慣にも深い関わりがあるので、なるべく身長が伸びやすい環境を作ることを心がけましょう(^_-)-☆

身長の悩み関連記事一覧

近年の研究によって、子供の身長は遺伝が80%、睡眠不足や運動不足、栄養不足など後天的な要因が20%を占めることが分かっています。この結果を見ると「両親の身長が低いからといって、必ずしも子供の身長も低い」わけではないことが分かりますよね(*^_^*)ですが子供の身長を伸ばしてあげるためには、身長が伸びやすい環境を作ることが大切です◎今回は、知っておきたい“子供の身長が伸びない原因”についてまとめてい...

子供の身長は遺伝によっても左右されますが、生活次第で伸ばすことも可能だと言われています。特に子供の身長が大きく伸びる乳幼児期と、小学校高学年から中学生にかけての思春期と呼ばれる期間は、子供の身長を伸ばす絶好の時期◎そのタイミングで身長が伸びやすい環境を作ってあげることが非常に重要です。子供の身長を伸ばすために率先して行いたいこと。今回はその点をまとめていきましょう◎【“寝る子は育つ”は科学的に証明...